2023/01/17 お知らせ ブログ

ユーザーインタビュー WALZの輪(Wa.01)

こんにちは!WALZ(ワルツ)編集部です!
2023年、広げていきましょう!
“WALZの輪”。
ということで・・・
この度、WALZのユーザー様インタビューを定期的にお届けしていくことになりました。
それでは、早速ですが1社目の(株)なまえギフト様よろしくお願いいたします。

Q1. WALZを使いはじめたきっかけは…?

2022年、ベンチャーの新規事業部から分社化し、株式会社となり活動しています。
根はクリエイターであるものの、特に、分社化後は“数値目標の明確化”や“業務効率の促進”が必要条件となりました。
ちょうど会社としての1期目が終わり、2期目に差しかかった頃にVALT様と再会し、WALZの存在が妙に気になりはじめました。
実は、分社化前からWALZの存在自体は知っていましたが、当時はまだ細かい数字の管理までは自身で行っていなかったため、「いずれ必要になるかもしれない」くらいの感覚でした。

Q2. WALZを使って解決したいことは…?

社名の通り私は「なまえギフト」というオーダーメイド絵本サービスを主軸に活動していますが、一事業部から株式会社となり目標達成も必要条件となった今、「どのようなバランスで案件を獲得していくことが最適なのだろう・・・」と活動内容の見定めが必要でした。
伸びしろはあるもののビジネスとしてはこれからの“なまえギフト事業”と、それを支える企画制作全般。
そのバランスを限られたリソースの中でどう最適化するべきかのヒントを得て、“毎月のベストな案件獲得のバランス”がワルツを通して把握できればと思っています。

Q3. 少しWALZを使いはじめてみた感想は…?

まだ、使いはじめたばかりですが、「このプランの場合、コピーライティングは1時間くらいまで!」と仕事に対する時間への意識と基準がかなり明確になったように思います。
もちろん、一緒にお仕事をするクリエイターさんには、より多くの時間をお渡しして、吟味した上で良いアウトプットをしていただきたいという思いもありますが、「限られた時間でさらに良いものを」と自分には厳しくなってしまいました(笑)
“数字を意識することは、時間を意識することから”。
WALZを使いはじめてからは、その点がより明確になっていくのでは・・・と思います。

インタビュイー
(株)なまえギフト 代表取締役 田中章生さん
1982年生まれ。ストーリープランナー。
名前にこめた想いを贈れるオーダーメイド絵本サービス“なまえギフト”の企画者。
https://namaegift-corp.jp/

(株)なまえギフト様、ありがとうございました!
今後のインタビューもまた楽しみにしています!


トップへ戻るボタン